+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ルー・リード「ロックンロール・ハート」 | main | ロン・セクスミス「ロン・セクスミス」 >>
ジョー・ダレッサンドロ「フレッシュ」
評価:
アンディ・ウォーホル
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,589
(2006-01-25)

ウォーホルがこういうインディ映画の魁とまではいわないけれど、ウォーホル製作の一連のフィルムを見るにつけ、現代の作家がどんだけ彼の影響から抜け出せていないか良くわかるわね。

ガス・ヴァンサント、デレク・ジャーマン、大木裕之の初期作品など、それとゲイ&レズビアン映画祭で上映されてきたショートフィルム。
そのどれもが、ウォーホルのフィルムの匂いがする。


このフィルムの物語は別にどってことないのよ。
スリーブにあるように、ジョーというウリのゲイの若者がレズビアンの妻の恋人の堕胎費用を稼ぐ一日よ。

ジョー・ダレッサンドロの為だけに作られた映画だし、ウォーホルがこんなジョーを撮ってと言って監督のポール・モリセイに撮らせた,ウォーホルの萌えのためのフィルムといえるかも。

ウォーホルは自分の容姿や性格や才能にひどくコンプレックスを持っていて、自分自身のセックスよりも、他人のセックスを覗いていた方が愉快なのかしらね。
ピーピング・アンディ。
そして観客のあたしたちもまた。
このあたりが前衛的で、現代美術的な発想。


で、今回もまた、ジョーのアップからはじまって、ジョーを楽しめない人にはなんじゃこりゃなだけの映画なのよ。
でも、映画好きだったら最高に楽しめるフィルムなんだけどね。


ジョーは、リトル・ジョーと言われ,自分でも刺青を彫ってるんだけど、小柄なの。
で、彼は洋服を着るとすごくダサイ。
イモ芋いもなあんちゃんになってしまう。
そして喋ってもダメ。
馬鹿丸出し。
フィルムでも「自意識がない」とか「可愛くてお馬鹿なジョー」と言われてかまわれている。

演技とか,そう言うのじゃないね。
素の魅力なんだとおもう。
彼は本当にお馬鹿で純粋。
ジョーの舌足らずにめろめろ。

あたしが「元取ったわ」とため息ついたのは、ジョーが妻との間にできた赤ん坊にマフィンを食べさせるところ。裸で。カーペットに寝そべったり正座したり。
ジョーはともかく、ほとんど裸。ぼかしずっとはいりっぱなし。
ジョーにふくを着せたらダメだって制作側もわかっていたと思う。
セリフも、「パンツ洗濯してくれよ」ってのからはじまるのよね。
着るものがないって。
妻は悪妻で、ジョーは妻に貢いでる。
子どもの世話はボクがするから仕事してよ、って頼むけどだめ。
だいたい、ゲイのくせに結婚ってなんなんだか。妻とのセックスがよかったからってさ、あんたのセクシュアリティはなに?!って感じだけど、別にどうでもいいのね。
タイトルがFlesh、つまり、肉、肉欲、情欲、人間、という意味。
ジョーの体が映ってればそれでよかったわけでなく、その当時のファクトリーの信条がバックボーンにあるのね。

妻や愛人の女性とやたらとキスをするんだけど、それだけでエロいジョー。
でも、萌えだったのは裸で赤ん坊の世話をしたり、ゲイの友人とおしゃべりして絡んでるだけどか、そういうの。ジョーのほっぺのニキビつぶしてたり。

このフィルムには効果音などなく、8ミリ(16ミリ?)で撮っただけー、な感じで、音楽も取ってつけたようなのがちょこっとある。
編集もぶち切れだし。
それがいいのね。
90年代になっても、そういうクイアフィルム作ってるもんね,それがやたらとエロいんだわ。
効果音や音楽が、肉体そのものを表現する際にかえって邪魔なんだってことがわかる。
人の吐息や、涎液のはねる音、肌が服や相手の肌と触れ合う音、ベッドや床が鳴る音、ベルトのバックルがカチャカチャいったり、雑誌のページがめくれたり。実際の生活ではそういう音が無意識に聴こえていて、それが無意識下であたしたちの五感にとても影響を与えているということをもっと知るべきね。


低俗で、なんの教養も無く、なんの啓蒙もなく、ただそこにジョーの肉体がある、その意味、イコール Flesh。
やっぱり面白いし、秘蔵作品ね。

肉体に肉薄する事の希薄さがアンディの実体のようであり、だけれど、HIVの感染に因ってこの世を去ったあくまでも肉体に囚われていたポップアイドル、アンディ。
死んでも尚、だれからも興味を持たれる事というのは、アーティストの本望だと思う。




| 観る | 09:45 | - | - | pookmark
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | - | pookmark