+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラッセ・ハルストレム「僕のワンダフルライフ」 | main | 石川えりこ「あひる」 >>
高畑勲ドキュメンタリーを観ました

数時間もあるドキュメンタリーでした。

高畑勲さんがかぐや姫を作り始めてから終えるまでを追ったドキュメンタリーです。

 

 

私は、この、かぐや姫というアニメーション、大傑作だと思ってるんです。

去年、このブログでも手放しでその素晴らしさを書きました。

http://bigcatssleep.jugem.jp/?eid=635

でも、その時、一つだけ、わざと言わないことがありました。

 

基本的にこのブログでは、わたしが感じた面白いことやいいことなどを載せます。

できるだけネガティブなことは言わないように努めています。

 

そして、かぐや姫で、言いたかったけどグッとこらえたことというのは、そのことの重大さがあまりにも重大だったから。

かぐや姫を評価しているにもかかわらず、これを言っちゃおしまいになってしまうからでした。

 

 

それは、最後の歌です。

 

歌手の名前、覚えてません。

ドキュメンタリー見ましたが、それでも、名前覚えてません。

 

 

なぜ、あの、歌、あの曲、あの歌手、だったのでしょう。

 

 

あのせいで、あれは、アニメ、になってしまったのです。

 

 

私はそれを忘れようと努力して、忘れてました。

でも、このドキュメンタリーを見て、愕然としました。

そしていつかここでそれを書かねばならないと感じました。

 

 

映画というのは監督のものです。いつも言いますが。

だから、あの曲はあれで良いのです。高畑監督が心より望んで、何の問題もなく、驚異的にスムーズに、使われることになった。

それまであの映画は、監督本人が言っていたように、一枚の絵を描くごとく、多くの人と時間と手間をかけて作るから大変なんだと。

自分のコンセプトを、自分の芸術を他人の手を借りて作り上げるのは本当にえらいこっちゃですよ。

 

そうしてものすごい苦労して作り上げた映画とあの曲が全く合ってないんですよ。

 

全く違和感なんですよ。

 

もうそれはがっかりして崩れ落ちるレベルでした。

 

なぜ?

 

どうして?

 

どうして最後の最後にオタク表現になっちゃったんですか?!

 

 

激しい怒りを感じるほどだったのです。

 

 

もう忘れ去りたいほどのショックだったのです。

 

 

でも、このドキュメンタリーを見て理解できました。

 

 

監督の、人生の中に常にあった女性性、ユングの論におけるアニマ、だったのですね。

 

 

もう仕方がない。

 

映画と全く釣り合っていないあの歌が、あそこにあったのは、監督の無自覚なアニマを、最後の最後にのっけたかった。

もうこれは仕方がなかったことなんだと。

 

それまでずっと冷徹に自分を見つめ、分析し、表現を研ぎ澄ませて映画を作ってきたにもかかわらず、あの歌手にすべてを丸投げしたのは、監督自身が男らしい方で、彼自身の中に生きる女性に忠実であっただけの話だったのですね。

 

私は、少し、がっかりしました。

 

宮崎作品の中にも感じられる、特に、結核の女性が出てきたやつ、もう、名前も思い出せないんですけど、あれもそうでしたね。

齢を重ね、自身の中にあるアニマを押さえつけることができなかった。

 

 

アニメクリエイターの無自覚な自己表現というのは背筋が凍る時があります。

 

 

そういうのをわかっていたからこそ、あの傑作映画「かぐや姫」を作れたのだと思っていました。

でも、違かったのです。

 

 

映画は監督のもの。

 

私のものではないのだ。

 

 

そう思ってまた、いろいろと忘れることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 観る | 22:20 | - | - | pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | pookmark