+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NHK 渡辺恒雄 インタヴュー昭和編 | main | 映画「ブレインゲーム」 >>
ウィーダ「フランダースの犬」

 

 

村岡花子さんの翻訳です。

この文庫は1954年のものですから、日本人にとって随分と長い年月読まれ続けてきた物語だと思います。

私が子供の頃はアニメになって、それはもうどんだけ泣いたかわかりません。

子供にとっては限りなくトラウマに近いショックなエンディング。

未だにパロディとして時折世間に蘇ってくるフランダースの犬。

しかし原作はもっとハードコアで、子供の頃に受けたダメージとは違った、読んだ人にひどく深刻なダメージを及ぼす名作です。

もしかしたらこれで死ぬほどの心的ダメージを受けているあたくしの方に問題があるのかもしれませんが。

 

 

世の中は不条理です。

 

貧しく生まれ、決して富むことなく、唯一の相棒の犬と一緒に子供のうちに死んでゆく主人公。

それが大まかな流れです。

 

そこにスパイスとなって現れるのが芸術です。

 

主人公は絵が好きで絵がうまい。

いつか絵で賞をもらってその賞金で稼ぐことを夢見ている。

教会に飾られたルーベンスの絵を一目見たいと願いつつもかなわず。

 

貧しいが故に差別され、痛めつけられ、孤独に追いやられる少年。

賞に応募した絵も、素晴らしいけれど、貧しい身の上であるが故に無視される。

心身ともに傷つき果て、最後にたどり着いた教会で、奇跡にもルーベンスの宗教画を見ることができたが、その場で死んでしまう。

 

あんまりですよ。

 

誰よりも芸術を愛し、自分の身のよりどころにしているにもかかわらず、教会の権力で見せてもらえないルーベンスの絵。

命が尽きる間際に見たその絵は、到底自分がたどり着けるものではないことを知る。

絶望と喜びのうちに死んでゆくのですよ。犬と一緒に。

 

私はルーベンスの絵は好きではありません。ただ単に好みでないだけですが。

教会や王族、貴族、といった権力に守られていたからこそ自分の作品を守り抜いた芸術家は偉い。

しかし、そんな戦いをさせねばならなかった貴族や民衆、つまり、戦っていた芸術家以外の(そして芸術家のその家族や身内)人間が憎い。

そんな憎悪が黙々と膨れ上がる読後。

 

いやミス、というジャンルがあるそうですが、それに匹敵するどころか、さらにもっとひどい心理状態に導く物語なんですよ。

この読後感のやり場のない怒りは、北野武の映画「アキレスと亀」に匹敵すると思うし、フランダースの犬の読後に思い浮かんだのはアキレスと亀だった。

 

それらの物語を生み出した作家は、芸術といったものに愛と憎しみを込めてこれらを作ったのだろうし、作家自身もこの渦のような精神状態に答えを見出せずもがいていたのだと思う。

 

 

 

そして私も。

 

誰もいない部屋で激しく嗚咽して、鼻水と涙で窒息しかけましたが、死んじゃいけねえ、と思って踏ん張ったよ。

 

 

大英帝国の美術館で、ダヴィンチの洞窟のマリアをたった一人で見た時の狂おしいまでの衝動がよみがえりましたよ。あのとき私がネロ少年ぐらいひどく傷つき果てていたらその場で確実に死んでたと思う。

 

 

 

フランダースの犬、これをアニメにしようとした人はとんでもないね。

アルプスの少女ハイジ、マルコ、などなど、70年代のアニメ、恐るべしですよ。

原作ちゃんと読んでたら作るの遠慮すると思うけど、その辺はテキトーなのね。

 

そういう思いがあるので、クールジャパンとか言って政府が日本のアニメ文化を世界に自慢げに発信するのを見て、未だに吐き気がするんですよ。

ちゃんと考証してよ。

 

駿さんも言ってるじゃないですか、子供達よ、アニメばっかり見てるんじゃない、と。

見なくていい、とも。

 

アニメはすっかり大人のお友達文化になりましたね。

子供達は今「動画」というものが一番好きです、自分でコントロールしながら見るやつね。

これもある意味吐き気を催すのですが、人ぞれぞれと言えばそれまでなので。

 

 

悶絶したい経験をお求めならば是非このフランダースの犬をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読む | 17:42 | - | - | pookmark
スポンサーサイト
| - | 17:42 | - | - | pookmark