+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
幸福の術


5月のほんのひととき、私の庭に魔法が訪れる。
たとえ今ここにセシウムが降り注いでいようが、私の庭には天使が遊びにきている。




明日から雨が続くから、大切な薔薇の花を何本も切った。
切って家中に飾る。


白い薔薇,ピンクの薔薇、青い矢車草、モンシロチョウのようなイギリスの種のスイートピー。



毛虫に芋虫、蟻、蝶、鳥、獣。
緑ではなく,黄金色に輝く葉。




私はここで私を忘れることができる,この幸せ。




これを手にするにはたくさんのものを捨てる。





あたしは空を見上げる時、自然と顔の皮膚が引力に引かれて、微笑んだような顔になる。
空の眩しさと,自分の体の重さで、目眩がする。
そして笑う。
危ない人だと、いつも冷静な人は言うだろう。
しかし、この一体感を得ずにいられるだろうか。

わたしもあなたもない、この一つである感覚を、長い人生のうちの一瞬でも得られる喜びを手離せはしない。




さようなら春よ、もう夏はそこまできてる。
| ガーデン | 22:08 | - | - | pookmark
しょっちゅうやる庭での失敗
ダリアの球根を掘り返して、もっといい場所へ植え替えようとしたんですよ。


そしたらね、案の定、スコップでぐっさりと球根を寸断しちゃったんです。


よくやるの。


ダリアの前は水仙をやった。


もう、なぜやる自分?!!


ものすごいショックです。
きっとあの球根は死にました。
黒蝶のダリア。
ああああああああああ・・・・・


急に春めいて、焦ったとはいえさ、本当に悲しい。
毎年何かしら切ってるの、スコップで!
自分で忘れちゃうのよ、どの辺に球根を植えておいたかを。
札を立てておいても、いつの間にかなくなってたりしてね。
でも今日のはちゃんと札がたってたところをやったのに。


ああああ〜〜〜〜・・・・生きてて〜〜〜!!!






RPGをセーブし損ねて全滅した時よりショックかも。
はああ・・・・・・


なんとか生き残って、夏に咲いてくれたらご喝采。
| ガーデン | 23:45 | - | - | pookmark
緑、白、ピンク、青

あたしの庭が一年で一番綺麗な時期を迎えています。

薔薇が咲いているからです。

薔薇の足下や周辺に植えるのは青い花と決めています。

エディブルフラワーのボリジは毎年こぼれ種で増えてくれます。

薔薇が終わったら、次はグラジオラスにダリアが咲きます。




雨蛙が気持ち良さそうに喉を鳴らしていました。

そりゃあ、気持ちいいでしょうよ、こんなベッドなら!

| ガーデン | 21:04 | - | - | pookmark
薔薇が咲くと


薔薇が咲き出すと決まって雨が降ります。

一年待ちかねて、蕾みが膨らんでゆくのを毎日眺めてドキドキし、ようやく咲くと雨です。

雨に濡れた花びらは、雨が上がるとすぐに弱って溶けやすくなります。

薔薇の種類にもよりますが、桜が散るようにぱっと散ってゆくものもあれば、茶色く枯れてもなお茎に付いているのもあり、ターシャ・テューダー曰く「ボロ雑巾のように散ってゆく」ものもあります。

とにかく、花が枯れてゆく様は寂しく、とくに枯れゆく薔薇は悲しい姿になるものです。



明日は晴れそうなので、枯れる前の薔薇の写真を撮っておこう。
| ガーデン | 19:48 | - | - | pookmark
ガーデンのカテゴリーを追加しました
このブログをはじめてそろそろ一年。

振り返ってみて、なんで今までガーデンのカテゴリーを作らなんだ?!と反省。


庭や花たちにまつわるこぼれ話なんかもぽつぽつ載せたりしたい予定。




ブラックチューリップとバレリーナ

もうチューリップは終わりですね。
今年は、赤、シロ、黒(濃紫)、オレンジを植えました。
毎年使い捨てみたいな感じになってしまうので、チューリップはほどほどにしようとおもっているのに買ってしまう。
チューリップって一度咲くと翌年は葉っぱだけ。時々咲いてくれるのもあるけれど。

薔薇が植えられている場所の隅っこに植えられています。




雑草だけど、どうしても抜いて捨ててしまえないハハコグサ。母子草と書きます。その名前と愛らしさで可愛がってしまう。花が終わるとタンポポのような綿毛付きの種ができる。ひょろひょろと茎が伸びてなんだかみすぼらしくなってしまうのだけど。手前の黄色い小さな花です。
ブラックダリアの黒蝶の芽がでないのが、ここ数日の一番の心配事だったりします。ラベルだけは威勢がいい。
ああ、生きてるのかしら?!
他のダリアの芽は出てるのに・・・毎日地面を擦っては、おーい、まーだかー、と呟いています。



今年の薔薇の開花はいつもより遅めです。
いつも一番に咲くのはオールド・ブラッシュ・チャイナ。
すごく元気で手間をかけなくても毎年たくさんの花を咲かせます。
赤みがかったピンクの可憐な花とオールドローズの香り。
大好きな薔薇。
この薔薇、農村の庭先でよく見かけます。
明治以前から栽培されている種類だそうです。



*******************


このオールド・ブラッシュ・チャイナが良く咲いていた庭が、私の子どもの通う学校の前のお宅にありました。
年老いた女性が独り住まいをしていました。痩せ細っているけど愛想のいい犬と暮らしておられました。。
おばあさんはお合羽頭で若々しく、いつももんぺスタイルでした。
子どもたちの登下校の時はいつも庭に出て、ニコニコと子どもたちを見守っていました。


こちらに引っ越して間もなかった5月に、あたしは子どもの迎えのついでに、この女性に話しかけてしまいました。
あまりにもこの薔薇が大きく見事だったからです。知らない人達ばかりの土地で、淋しさも手伝ったのかもしれません。
その方はこの薔薇の名前を知らず、私も知らず、尋ねても「昔っからここに生えてるの、なんて名前かも知らないのよ」と言いました。
私が喜んで眺めていると、あんまり大きすぎて邪魔だから、といって枝をたくさん切ってあたしに下さいました。

あたしは喜び勇んで家に帰って、何本かを挿し木にしましたら、一本だけ根付いてくれました。

薔薇だけでなく、紺色のアイリスの球根も下さいました。


それから後日のこと、オールドブラッシュチャイナの苗を、イギリスのデイヴィッド・オースチンのナーセリーから、ほかのイングリッシュローズと一緒に購入しました。

そしてその薔薇が咲いたらなんと、あの女性がくれた薔薇にそっくり。

よくよく調べてみると、同じオールド・ブラッシュ・チャイナだと言う事がわかりました。
日本の農村で長く愛されてきた薔薇だったということもその時に知りました。


丈夫で手間いらず。
愛らしく良い香りで、春一番に咲き、他の薔薇が全部散ったあとも咲き続けてくれる薔薇。
愛すべき薔薇です。

その女性とはそれ以来、交流もなく、目が合えば会釈する程度の関係でした。



数ヶ月前、その女性の姿が庭から消え、飼い犬の姿も消えました。
あの庭はある日ブルドーザーによって跡形も無く消え去り、今は更地です。
あの庭には薔薇だけでなく、アイリス、菊、その他の花がいつもいっぱいでした。
庭と一緒に、あの人はどこへ行ってしまったのか、あたしには想像する事しか出来ません。

この写真の薔薇はイギリスから来た薔薇ですが、名前も知らない女性からもらった薔薇は今でも元気です。
アイリスも一緒に、ずっと大切にしようと思っています。


| ガーデン | 18:42 | - | - | pookmark