+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アールグレイはこれ。それと、キトゥルについて。
フレーバーティは苦手です。

好きなフレーバーティはジャスミンティーと、このマリアージュフレールのアールグレイ・インペリアル。
アールグレイはマリアージュのものを飲んでしまってからは他のが飲めなくなってしまいました。

暖かくなってくると、このお茶が飲みたくなります。


お茶と珈琲の贅沢だけは許して!


と、ひとり心の中で呟きます。
家族みんながおいしいお茶と珈琲が好きだしね、とまた呟いてみる。


最近みつけたキトゥルという孔雀椰子の樹液と一緒に頂くとたまりません。
http://www.okura-akademia.com/goods/list.html
スリランカなどの南の国で採種される天然のシロップ。
日本にいて、お店で買えるところはあまりないと思いますが、オークラ アカデミアパークホテルのオリジナルブランド商品として、ホテルのショップで購入できます。

メープルシロップと同じぐらいの甘みですが、メープルのような強い香りは無いのですが、深みのある甘さです。
やや塩気を感じるかしらね、メープルにもちょっとした渋みがあるように、キトゥルにもたくさんのミネラルが含まれているそうです。

ちょっと高価ですが、樹液や蜂蜜が大好きな家族のために奮発してしまいます。

高価だけど、甘味大好きな家族はおかまいなしにパンケーキにたっぷりかけて食べてましたよ。


主婦であるあたしはいつも、この贅沢に感謝して、心の中で合掌しながらいただきます。
一応、女子なので、シロップは控えめにしてます。ふふ。

ありがとう、おいしいもの!



それにしても、紅茶や珈琲は、考えてみれば植民地時代を経て世界にもたらされたもの。
あたしの手元に届くまでにどれだけのエネルギーが費やされた事でしょう。
大事に、感謝して、頂きます。

| 食む | 22:03 | - | - | pookmark
明日はもう春分の日ですってよ。


今年の冬は寒さと暖かさが交互に来たせいで、スナップエンドウの苗が全滅したわ。
一袋198円の種で、50粒ぐらい撒いて芽がでて順調だったのだけど。
霜よけをもっとしておくべきだったなあ。

で、おどろくのは、昨年自家採種したグリーンピースが元気だったって事。
ここで生まれたから、ここの気候や土地により合ってるのね、これこそ自然栽培ね。

若干霜枯れしたところもあるけれど、ちゃんと収穫できそう。

庭にも黄色水仙やら椿やらヒヤシンスやらでいい感じです。

虫も良く出てきたし、花粉も黄砂みたいになってるけど、やっぱり春はいいもんです。



| 食む | 10:15 | - | - | pookmark
サヴォイキャベツ推奨委員会!

サヴォイキャベツの苗を一つだけ、昨年の晩秋に植えました。
4月には丸まるとしたサヴォイキャベツを食べてやろうとと意気込んで、かなり気にして育てました。

気にしたというのも、毎日毎日ご機嫌伺いをし、虫がいたらとってやり、葉っぱを撫でてやり、めずらしく有機栽培してしまいました。天然の貝殻化石の粉末と牛糞堆肥ですが。それもほんのチョッピリ、はじめのうちだけでしたが。肥料の味がするから、肥料はあまりやりたくないので、他のはだいたい無肥料無農薬で育ててます。
この様子はまるで、「丸まると太らせおいしくするため」にヘンゼルとグレーテルにお菓子の家を食べさせる魔女と何ら変わりありません。


そして、あたしがほんの数日家を空けていた先週末、やられましたの。

ヒヨドリに、さきっちょのいちばんやわらかくておいしそうなところをばかじられて!ふがっ!!
ヒヨドリはキャベツばっかり狙うのよ!!
しかもやわらかいとこだけ!
去年はえんどうまめの若芽を全部喰われたよ。


だから、まだ希望よりも大きく育っていなかったけれど、知らない間に根っ子のあたりをヨウトムシにくわれていたし、諦めて収穫しました。
この写真、かじられてるのがわかるでしょ。これあたしがかじったんじゃございません。
お隣に写ってる大根は、ミディアム大根。これは裏の畑や娘のガーデンでほぼ放置されていたにもかかわらず無傷。

で、このサヴォイキャベツ、さっそくスープにしたのです。
サヴォイキャベツのスープは絶品だと、遠い昔に聞いた覚えがあるのです。
ほんと、絶品でした!

サヴォイキャベツは別名ちりめんきゃべつ。
葉っぱが縮れてるんです。
やわらかくて生食にもむいているそうです。
あたしは全部煮込んでしまいましたが。
ほかの野菜とお塩だけです。最高です。

口の中でとろける感触と、その柔らかな甘さと良い香り。普通のキャベツや白菜のような癖もない。
たとえるなら、ちょっぴり濃いめのピンク色が口の中に広がって、飲み込まずにいつまでも味わっていたい、そんな満足感です。
どうしてこんなにおいしいキャベツが普及してないんでしょ。
十数年前に、青山の紀伊国屋スーパーで、輸入物のサヴォイキャベツ1個1000円に出会ってから、ずっと食べたかったサヴォイキャベツ。
また育てよう。

サヴォイキャベツ推奨委員会設立したいわ。


*今回の苗は大多喜のヴェジタブルガーデンで購入しました。

| 食む | 22:22 | - | - | pookmark
クレソンの巻き寿司と菜の花の塩炒め
ほんとはこれ写真があったほうがいいよね。

ごめんなさい食べちゃいました。


作り方だけのせます。
料理できる方なら簡単至極なので。


クレソンも菜の花も旬を迎えてます。
クレソンは直売所で100グラム100円ぐらいで購入。100グラムあると結構な量よ。
菜の花は頂き物です。

*クレソンの巻き寿司
海苔に酢飯をのせ、クレソンを5本ぐらい、その上からマヨネーズをかけて(お好みでいいですよ)海苔で巻いて食べます。

以上。


*菜の花の塩炒め。ひとりぶん。

フライパンを熱して、米油大さじ1をいれ、塩小さじ半分を加えて炒めます。ちょっとピチピチはねるよ、きをつけて。それから下茹でして食べやすい大きさにした菜の花を加えて炒めます。紹興酒か、日本酒、または白ワインでもいいです、そういった好みのお酒を小さじ1加え、コショウも加えて炒めます。
お好みでオイスターソース小さじ1も加えると、よいお惣菜になります。



どちらも良い香りで、体中に芽吹きのエネルギーが満ちます。


菜の花もクレソンもパスタにあうし、菜の花のお寿司もいいですよ。




今日も寒かった・・・・でも夕闇は透明だった。
| 食む | 19:51 | - | - | pookmark
DEAN&DELUCAのオリーブのマリネ


塩漬けとおぼしきオリーブが5種、ピンク、紫、黒、緑、黄緑の大きな粒、それとドライトマトとケーパーベリーをプロヴァンスのハーブ&オイルでマリネしてあります。
塩気が強く、おつまみにぴったり。
大きなオリーブ、これは名前をなんというのでしょうね、足の親指ぐらいの大きさなんですよ。
ケーパーベリーは大粒のケーパーに軸がついてる。おいしかった!

一緒に温製スモークサーモンも買いました。食べちゃって写真ない。
スモークサーモンに火を通してあるのです。
あたしは新鮮な味で感動したのですが、家族には「塩ジャケ?」という感想が・・・・値段がちがーよ値段が!!!
でも売り子さんも、お茶漬けにしてもいいですよ、と言ってた。
もったいないよ〜〜〜。
でもたしかになんにしてもおいしいだろうけど。


品川のDEAN&DELUCAは好きです。
旅の途中で良く立ち寄ります。

あともう少し値段が安ければな、と思うけど。


| 食む | 20:01 | - | - | pookmark
セルバチコとマーシュ
セルバチコはルッコラの野生種で、マーシュはコーンサラダとも呼ばれていて、ちょうど、スプラウトが大人になったようなサイズのハーブ。


手前がセルバチコ。


時々訪れる大多喜のヴェジタブルガーデンのショップで手に入れます。
どちらもそのガーデンで栽培された無農薬のオーガニックフレッシュハーブ。
だから、店頭にある時と無い時があります。

セルバチコは普通のルッコラより色、味、香り、葉の厚み、固さがよりワイルドで、マーシュはぬめりがあって若干青っぽい癖があるのにとてもマイルドな味。クリームのようなやわらかさ。
両方とも肉料理の付け合わせとしてよく供されます。

今日はそれをトマトのスパゲティにたっぷり乗せて、パルメザンチーズを振りかけて食べました。

セルバチコ、他のネット通販だと300グラムで1500円ぐらいします。
(私は200グラムぐらいのものを450円で買いました。)
マーシュも東京なら手に入るかな。

ヴェジタブルガーデンの通販でも手に入ります。
http://www.herbisland.co.jp/
左下サイドバーのリンクからもご覧になれます。
でもセルバチコは通販していないようですが、電話で問い合わせてみるといいかもしれません。


この品質でこの値段は直売ならではだと思います。
主にハウス栽培ですが、燃料を焚いて温めていません。(イチゴとは違います)
ピニールハウスを環境負荷が高いとみるかどうかはちょっと考えるところですが、ハウスだからこそ農薬を使わなくて済むということもあります。

春が来るまであと少し、芽吹いたばかりの若い葉っぱを食べて、春を先取りです。


| 食む | 20:09 | - | - | pookmark
冬イチゴ
今日は娘と裏山の土手に生えてる冬イチゴを穫りにゆきました。
木いちごというには草っぽいし、地元の人が冬イチゴだっていうのでこれは冬イチゴなんです。


薮の中にキラキラ輝く赤いルビーなんです。
甘酸っぱくて心がウキウキ弾む味覚。

冬の間、小鳥がこのイチゴを食べますから、全部穫ったりしません。
今日食べる分だけ。

食べきる前に、白椿(白獅子という品種だったけか)と一緒に玄関に飾りました。


こんな素敵な所に住めて、幸せです。


でも今は狩猟の時期。
先日も東京から来たハンターが、イノシシ用の罠をかけにきました。結局民家(うちね)が近いので諦めたようでしたがまだわかりません。
飼い猫や、こうやって山に入ってあたしや子どもが間違って罠にかかってはたまりません。
最近は銃の音が鳴り響いている時もあります。
怖いですよ。


何事も善し悪しがあって、なにかを断じる事は難しい。

それでも、プライベートを侵されるのは何事であっても心外。

ひっそり静かに生きたい、だからこそここを選んだわけだから。
引きこもっていられるならずっとそうしていたい、と、思っています。

心の中では密かにここを、あたしの「武相荘」(http://www.buaiso.com/open.html 「沿革」のコンテンツをクリックしてお読み下さい。共感至極)と呼んでいます。
武相荘ほど立派じゃないのはあたりまえだけど!
マインドは受け継いでるかもね。
| 食む | 19:34 | - | - | pookmark
農薬に泣く
あたしは今、農家でバイトしているのですが、数年働いて来て、このごろ農薬の散布をさせられています。
熟練度があがったからなのか、それとも、雇い主さんがしたくないことをさせられているのかわからないけれど、やれと言われた仕事はしなければならないのがアルバイトです。

正直断りたいです。
でも,普段良くしてもらっているし、農家さんも本当は使いたくないのに、収入のためにやむを得ず使用しているのは良くわかってる。
苦労して働いている姿をみると、農薬は悪だ、なんて面と向かって言えるわけもない。
彼らだって良くわかっているのだから。


吐き気を催す毒物の臭いで苦しい以上に、生命力を断つ薬品を大地にまいているという罪悪感に苦しんでいます。
それこそ、自分がお金が欲しいからです。
どうしてそんな罪悪感を感じてまで農薬散布を断れないのか。
苦しいです。
生活のためじゃなくて、あたしにとってのアルバイトは絵を描くために必要な現金を得るためなのです。
時間給で組織の中で働く限界を感じています。
そして絵を描き続けるためにいろんな事を犠牲にして来たことを思うと、やるせなくなり、しばし身動きができなくなります。


農薬をまく事以外の労働は、どんなにきつくても耐えられるのです。
それが大地で働くという事です。
この世から農薬がなくなったら、きっと多くの人が食べ物に困るでしょう。
発展途上国に支援される物資の主要品のひとつが、化学肥料と農薬だということが、物語っています。
それでも、化学農薬は必要ないよ、って言いたいです。


どうかみなさん、食べ物を買うとき、農薬が使用されていないものを出来るだけ選んでください。
すべてオーガニックにするのは無理だとしても、せめて一品だけでも、農薬や肥料が使われていないものを買って欲しいと思います。
だって、売れるものだけを、農家は作っているのですから。


くびになるかもしれないし、くびにならずとも職場の居心地が悪くなるかもしれないけれど、来週には農薬散布の仕事を断ろうと思っています。
| 食む | 15:24 | - | - | pookmark
人気ブログ
ブログで人気が出て、それを書籍化して大ヒット、ってよくある話ですが、その中でも料理レシピってすごく人気があると思うの。
今日も「カルフォルニアのばあさん」ってブログを見つけたけど、おもしろかったな。
文章がおもしろいとやっぱり人気が出るのよねあたりまえのことだけど。


それと毎日更新ってのが大事みたいね。
(他人事)



あたしは料理が好きだけど、毎回完璧なデキになるわけじゃないし、レシピ本の通りに作ってもおいしいものが出来るわけでもない。
特に繊細なお菓子などは、型やオーブンの火のまわり、使う小麦粉の質やその日の天候に左右される事もある。
自分のモチベーションとかでも違う。

普段の食事のレシピなんていいかげんだし、それが自分のあじになっているから胸はって教えられるけど、お菓子って難しい。パンもね。わりと厳密にしないと同じ味が出せなかったりする。


料理をすることと、絵画の絵の具の調整はとてもよく似ている所があるのね。
そこでもあたしは厳密にメモを取って,絵の具の量を決めたりはしない。
ずぼら、とか、めんどくさがり、って事実もあるのかもしれないけれど、それだけじゃ説明できないミラクルがあるのよ。

もう、そこんとこ魔術


だから誰にも参考に出来ないもの、ってのをあたしは作ってるってことになる。
レシピ,というのはその通りに作ればその通りの味なる、って約束手形のようなもの。

あたしが提供できるのはやっぱり、あたし自身の感覚プラスあなた自身の感覚について、ということになるのかも。


これは春の料理教室の時に作ったポピーシードどレモンカードのクリームケーキとイチゴのタルト。


| 食む | 10:00 | - | - | pookmark
おいしさう
私は海の町で育ったので、魚料理が好き。
そして毎年秋の終わりに秋刀魚の佃煮を作るのが恒例になってる。

今夜も作りました。
旬の終わりの安くなった秋刀魚で作る佃煮はソウルフードのようなもの。



ただ、何匹もの秋刀魚をさばくのは正直しんどい。途中で泣きたくなってくる。生き物の命を頂いているという実感に罪悪感を感じずにはいられない。
私の祖母と母から受け継いでいる佃煮の味、そして私の生まれ育った地域のルーツの味を娘や息子に受け継がせたい一心で、血に染まる手元に目眩を感じつつさばいてゆく。
出来上がってしまえばそれは秋刀魚ではなくおいしい佃煮になってしまう。
そして子どもたちは、よろこんでそれを食べてくれる。
そしてわたしは自分が子どもの頃の幸福だった食卓を思い出し、嬉しくなる。



佃煮だから冷蔵庫に入れておけば何日も持つ。
調味料は醤油、砂糖、ショウガ。
目分量で覚えているし、秋刀魚の量は毎年違う。
それでも毎年同じ味。
それを圧力鍋で15分加圧します。
それから煮汁を煮詰めて出来上がり。
骨までやわらかです。


欠点はおいしすぎてご飯がすすむ事。
食欲のない朝食にぴったり。
しょうがが効いているせいね。
なにせ昔ながらの味。
しょっぱくて甘辛い、漁師町の味です。



猫にはあげません。ほしがらないし、しょうががたっぷりだからね。
| 食む | 20:39 | - | - | pookmark