+アマゾン
+ブログランキングにポチッとな!
+WWFにぜひ参加を!
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
+RECOMMEND
From Sleep
From Sleep (JUGEMレビュー »)
Max Richter
毎晩の睡眠導入剤
+RECOMMEND
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く? (JUGEMレビュー »)
J・アラン・ホブソン
読んで悩みがちょっとスッキリしたわよ
+RECOMMEND
せかいいちのねこ (MOEのえほん)
せかいいちのねこ (MOEのえほん) (JUGEMレビュー »)
ヒグチユウコ
続編「いらないねこ」も最高
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ)
土井善晴の懐かしごはん (NHKきょうの料理シリーズ) (JUGEMレビュー »)
土井 善晴
料理本が必要なら、これ一冊あれば十分
+RECOMMEND
ヒルコ---棄てられた謎の神
ヒルコ---棄てられた謎の神 (JUGEMレビュー »)
戸矢 学
スピとか古来の日本文化とか言ってる人はこれ読んでください
+RECOMMEND
書楼弔堂 炎昼
書楼弔堂 炎昼 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
私はこの書店の店番になりたい
+RECOMMEND
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫) (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ・P・ホーガン
SFは真の神話です
+RECOMMEND
チャッピー  CHAPPIE (字幕版)
チャッピー CHAPPIE (字幕版) (JUGEMレビュー »)

これ見て、AIとか、言ってんなよ。
+RECOMMEND
リボルバー
リボルバー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
ビートルズのアルバムの中で一番好きかもしれない
+RECOMMEND
子連れ狼 1
子連れ狼 1 (JUGEMレビュー »)

バイブルその2。
+RECOMMEND
こうちゃん
こうちゃん (JUGEMレビュー »)
須賀 敦子
字が読める全ての人に読んでもらいたい
+RECOMMEND
A Moon Shaped Pool
A Moon Shaped Pool (JUGEMレビュー »)
Radiohead
トムさん、ええおっさんになられて
+RECOMMEND
You & I
You & I (JUGEMレビュー »)
Jeff Buckley
愛しています。
+RECOMMEND
Hatful of Hollow (Remastered)
Hatful of Hollow (Remastered) (JUGEMレビュー »)
Smiths
あたくしの永遠のバイブル
+RECOMMEND
Hozier
Hozier (JUGEMレビュー »)
Hozier
彼のお母ちゃんがアルバムジャケッットを描いたって幸せよね
+RECOMMEND
Takk
Takk (JUGEMレビュー »)
Sigur Ros
ありがとう
+RECOMMEND
Velvet Underground
Velvet Underground (JUGEMレビュー »)
Velvet Underground
お洒落で聴くもんじゃないよ。
+RECOMMEND
ヴァルタリ
ヴァルタリ (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス,シガー・ロス
いいですね、ほんとに。
+RECOMMEND
World of Morrissey
World of Morrissey (JUGEMレビュー »)
Morrissey
涙が出る曲ばかり。
+RECOMMEND
The King of Limbs
The King of Limbs (JUGEMレビュー »)
Radiohead
素晴らしいです
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)
ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
Heron
ナチュラリストとかいう言葉は嫌いなのですが、自然派になりたい時に
+RECOMMEND
ジギー・スターダスト
ジギー・スターダスト (JUGEMレビュー »)
デヴィッド・ボウイ
70年代の名盤
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
アリスの国の不思議なお料理
アリスの国の不思議なお料理 (JUGEMレビュー »)
ジョン フィッシャー
お料理上級者向け
+RECOMMEND
RON SEXSMITH
RON SEXSMITH (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
いいですよとても
+RECOMMEND
残響
残響 (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
PVもすごくいいですよね。裸万歳、マッギンレー万歳。
+RECOMMEND
Brooklyn Gang: Summer 1959
Brooklyn Gang: Summer 1959 (JUGEMレビュー »)
Bruce Davidson
昔っていいわよね
+RECOMMEND
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス)
パーム 34 蜘蛛の紋様 ? (ウィングス・コミックス) (JUGEMレビュー »)
獣木 野生
もう20年以上読んでます、そんでもってまだ連載中のバイブル。
+RECOMMEND
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting
Carnation, Lily, Lily, Rose: The Story of a Painting (JUGEMレビュー »)
Hugh Brewster
サージェントこの絵が大好き。この絵のような庭を作りたいわ。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ウォールフラワー (BOOK PLUS)
ウォールフラワー (BOOK PLUS) (JUGEMレビュー »)
スティーヴン チョボウスキー
10代の頃に読みたかった。
+RECOMMEND
叶えられた祈り (新潮文庫)
叶えられた祈り (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
トルーマン カポーティ
表紙がいいわよね、エドワード・ホッパーのナイトホークス。
+RECOMMEND
Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
息子も気に入ってくれた一枚。
カテゴリー「聴く」参照。
+RECOMMEND
The Pearl
The Pearl (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
伝説の1枚。
+RECOMMEND
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏 (JUGEMレビュー »)
京極 夏彦
最初はこれ。
京極夏彦を教えてくれた友人に永遠に感謝。
+RECOMMEND
作家の家―創作の現場を訪ねて
作家の家―創作の現場を訪ねて (JUGEMレビュー »)
フランチェスカ プレモリ=ドルーレ,エリカ レナード,マルグリット デュラス
羨ましすぎて言葉が出ない。
+RECOMMEND
Akira (Part4)
Akira (Part4) (JUGEMレビュー »)
大友 克洋
AKIRAの英語版を欲しがってもう十数年たってしまったよ。
+RECOMMEND
風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
アニメもいいけど原作漫画も必読。
+RECOMMEND
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (JUGEMレビュー »)
J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子
イラストもとても素敵。
+RECOMMEND
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム
ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム (JUGEMレビュー »)
トラヴィス
誠実で優しい。
永遠の思春期。
+RECOMMEND
+RECOMMEND
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉 (JUGEMレビュー »)
高村 薫
ロスコが表紙で、内容もロスコ的。
+RECOMMEND
Abba-esque
Abba-esque (JUGEMレビュー »)
Erasure
生きる喜びがわいてくる!
+RECOMMEND
心臓を貫かれて〈上〉
心臓を貫かれて〈上〉 (JUGEMレビュー »)
マイケル ギルモア
遺伝子
+RECOMMEND
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤) (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン),バッハ
モノラルはね、どすん!!とくるよね。「ううっ!!」とやられるよね。
+RECOMMEND
フレッシュ [DVD]
フレッシュ [DVD] (JUGEMレビュー »)

じょぉ〜〜〜〜〜!!!
+RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
ゴスとは、これ。
+RECOMMEND
キャメロット・ガーデンの少女
キャメロット・ガーデンの少女 (JUGEMレビュー »)

カタストロフィー、ここにあり。
+RECOMMEND
セプテンバー11
セプテンバー11 (JUGEMレビュー »)
オムニバス
蛇男万歳。
+RECOMMEND
コブルストーン・ランウェイ
コブルストーン・ランウェイ (JUGEMレビュー »)
ロン・セクスミス
ロンに会えたらね、ぜったいぜったいばふつ!と抱きつきたいと思うの。
+RECOMMEND
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)
ヒース・レジャー
楽園の愛。崇高なる愛。純粋な愛。
残酷な愛。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
花のない節句
今年は桃の花を飾れないお節句をむかえました。
桃の花、身近なお店に置いてなかったの。
もともともっと遅くに咲くのが自然なものだから、しょうがないことなのだけど。


水仙がようやく咲き始めて、山の梅もちらほら咲き始めた。
フキノトウはどうやらご近所さんに採られてしまったらしく、蕾みがもげた様子のものばかり。
ただ、薔薇の芽が日々太ってきているのが慰め。

ウグイスも蛙も啼いてる。

一日一日、日の光が恋しい。



| 考える | 23:42 | - | - | pookmark
横尾忠則さん
横尾忠則さんのツイッターが面白い。

あたしはツイッターやってないんだけど、読むだけは読んでる。

若い学生が言葉を駆使して作品を語ることに不快感を覚える横尾氏。
ほんとうに、画家が何を喋るのか?
それが現代美術なのか?
阿呆くさ。
あたしも作品の前ではどれだけ喋らないようにするかを最も心がけている。
それはもうずっと前から、あたしは,横尾さんのように有名じゃないから、喋らないと駄目だよ、って言われるけど、それでも喋りたくない。
ツイッターやブログでは喋るけど、自分の絵の解説なんかしたくない。
見たまんま、そのまま受けとめてもらえればそれが一番いい。


アーティストはなにやってもいいんだろう、って発想が貧弱だ。
喋るのもアートなら、眉毛の刺青もアートになる世の中だ。


喋るな,画家よ。
喋る時は自分の絵から離れよ。

コンセプトなんて言葉がいまだに好きになれないや・・・
| 考える | 20:31 | - | - | pookmark
粒子、量子、粒、点、光
素粒子に質量を与えると理論上で推測されていたヒッグス粒子が見つかるかもしれないというニュースを知って、ものすごくわくわくしてます。


あたし達はみんな,小さな粒だった。
あたしは,心臓が目に見えないほど小さな金で出来ているって,信じてる。

小さな粒、あたしが点描にこだわる理由もそこにあるかもしれない。


鹿の子草のつぶつぶ具合が美しい。
| 考える | 16:56 | - | - | pookmark
無題
父が亡くなってからもう10年ほど経つ。
不思議なことに今まで一度も亡くなった父に会いたいなんて思わなかった。

でも今夜、昔の写真を見ていて、2歳頃の息子と父が一緒に写っている写真を見て、突然父に会いたくなった。
そして、愛してくれてありがとうと、一度も言ってなかったことを思い出した。


できるならあの写真の頃に戻りたくて、ぐずぐず泣いている夜。




| 考える | 22:38 | - | - | pookmark
恐れが現実に
震災の後、瓦礫がいっぱいでた。
放射能入りの瓦礫をどこかに埋めなければならない。
埋められないものは焼く。
知らない間にそこここに貯まった放射能は焼却場へ辿り着き、放射能汚泥となる。
それも結局はどこかへ埋める。
放射性物質で汚染された汚泥を,私の飲む水の水源に埋められるのは嫌だ。
でもそれは時間の問題だってわかってた。
3月の時点で,わかってた。
こっちには、穴がいっぱいあるから。こっちにきっとそれが来る。
人の出した汚いものを、もう何十年も埋め続けてきた土地が千葉県だ。


東京湾に埋め立てる土は、君津木更津の山の土が一番適していた。
稚魚が集まる海を埋め立て、飛行場を作り、人々はそこで消費に熱狂する。

山に穴を空けたら、今度は絶対そこを埋めるってわかってた。
じいさん婆さんが、孫に車買ってやるのに売った山。
じいさん婆さんが息子や嫁に家を建てるのに売った山。
売られた山が、おしゃれなショッピングモール付きの飛行場になった。
お陰で成田は閑古鳥だそうよ。
何のために。何のために?!

じいさん婆さんは独居になって、医者に行く足もない。
腐った毒の山の穴を見て絶望したとしても、誰にも伝えられない。

故郷を追われる理由なんかない。
留まる私たちが馬鹿をみるのか。
空から降る放射能は避けられないだろう。
でも、放射能物質に汚染された産廃は避けられる。

出たところに埋め立てる、それが本筋だろう。



埋め立て用の砂はもう運ばなくていいのに、ダンプはひっきりなしに農村を走り回ってる。
荷台に幌をかけて、せっせとセシウム運んでたんだな。

そこで育てられた白菜、キャベツを日本人全員が食べるんだね。
そこの草食べて水飲んだ牛や豚を皆が食べるんだね。
子ども産め産めって言う言葉ももうそのうち,誰も言わなくなる日が来るよ。恐ろしくて誰も子供を産もうとしない日が。

そんなのは嫌だ。
自分の畑でとれたものを子供に食べさせられないなんて嫌だ。
水源が汚染されたら、毎日の飲み水を一体どこから調達できるのか、そういう日々の事から始まり、今声を上げないでどうするのか、この世界を汚す片棒を担ぐのは嫌だ。


あたしは大した人間じゃない。
人を断罪できるような聖人でもない。
許せないって言っても,自分だって許されない事してるだろう。
それでも言うよ、 許せない。こんな事は許せない。
福島の現実から目を背けさせるための偽善だ。



ずっと我慢してたけど、言うよ。

言い続けるよ。




ここに詳しい搬入場所が掲載されてます。
あたしは反対運動に署名しました。
森田健作氏に届きます。
http://sodegaurakodomo.blog.fc2.com/
| 考える | 23:17 | - | - | pookmark
余裕の無いということは
暇がない,時間が無い、というより、余裕が無い。
日々の余裕。


するとまず、読書の時間が削られる。
何でかと言えば,わたしの読書の時間は就寝前が多いから、疲れてると布団に入るなり寝てしまう。
だから読書が進まない。

海外ドラマの見過ぎ、という説もあるが。

大いにあるが。

毎日毎日がとっても早いです。
これが12月にはいるともっともっと凄まじいことになるなあ・・・・

絵が描きたいです。
没頭したいです。


ためいき。
| 考える | 19:20 | - | - | pookmark
育てる
子供を育ててきたわ。
もう15年になる。

赤ちゃんの時からずっと観察してきて、思春期になった今、もっと小さかった頃と比べてなんて物思いにふける顔をするようになったのだろうか、と思う。

人が生まれて、体が成長し、精神も成長し、脳も成長するそのすべてを見る事が出来ているのは幸せだと思う。
つぶさに観察して、私は人を知る事が出来てる。


私のデスクのまわりには私の子ども達の5歳までの頃の写真が飾られてる。
今はむっつりしてる事の方が多い息子の、小さな手と足、屈託のない笑顔。
喜びを全身で表現している娘。

人は大人になる事が幸福でもあり、不幸なのでもあるのかしら。


私が大人になって、家を出てゆく時、父が言ったのは、お前の後ろ姿を見るたび胸が切なくなって泣きそうになり、成長を見るのが切なくてたまらなかったという事を覚えていてほしい、ということ。
成長して嬉しかったのは当たり前だけれど、悲しかったと。子供の生きる姿が悲しかったって。
その意味を理解できたのは自分で子供を持ってからだったわ。



あたしは今まで自分を捨てて子ども達を愛してきたわ。
本当に可愛かったからよ。
これからも愛するわよ。

子供の成長があまりにも早くて、そろそろ彼らの背中を見送る時期になってきたのだなと、切ない秋の夜です。
| 考える | 22:14 | - | - | pookmark
昨日の追記
飯館村の乳牛の話を昨日綴ったのだけど、あたしが思うのはいつも、肉食のあり方への意識を変えないともうだめなんだということよ。
健康に良くないから肉食をしない、という発想ではなくて、動物を殺す行為を見直すということよ。

MEET IS MURDER、ということよ。


ips細胞からマウスを誕生させる事ができるようになったとニュースをきいたわ。

だからこそ、以前よりもずっと、肉食の意味を殺戮ととらえなおすべきだ。
生命をコントロールできる時代はすぐそこまできてる。


命を食す、その意味をもっともっと深くとらえなおすべきだわ。
| 考える | 20:46 | - | - | pookmark
「非現実的な夢想家」
今日の東京新聞のニュースより

*****

村上春樹さんスピーチ要旨 2度目の核被害、自らの手で過ち
2011年6月10日 14時09分
 【バルセロナ=共同】作家の村上春樹さんがカタルーニャ国際賞の授賞式で行ったスピーチの要旨は次の通り。
 一、東日本大震災で全ての日本人は激しいショックを受けた。今なおたじろぎ、無力感を抱いている。

 一、だが、われわれは精神を再編成し、復興に向けて立ち上がっていくだろう。われわれはそうやって長い歴史を生き抜いてきた。

 一、日本は唯一核爆弾を投下された国だ。放射能が世界や人間の身にどれほど深い傷痕を残すか、われわれは被爆者の犠牲の上に学んだ。

 一、福島第一原発事故は日本人が体験する二度目の大きな核の被害だが、今回は爆弾を落とされたわけではない。自らの手で過ちを犯した。

 一、理由は「効率」だ。原子炉は効率が良い発電システムだと電力会社が主張し、政府も国策として推進した。

 一、地震国の日本は世界第三の原発大国となり、原発に疑問を呈する人には「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られた。

 一、だが原発は今、無残な状態に陥った。原発推進派の「現実」とは「便宜」にすぎなかった。論理をすり替えていたのだ。

 一、(福島事故は)すり替えを許してきた日本人の倫理と規範の敗北でもある。われわれは自らも告発しなければならない。

 一、日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった。技術力を結集し、持てる叡智(えいち)を結集し、社会資本を注ぎ込み、原発に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだった。それが、広島、長崎の犠牲者に対する、集合的責任の取り方となったはずだ。

 一、損なわれた倫理や規範は簡単に修復できないが、それはわれわれ全員の仕事だ。新しい倫理や規範と、新しい言葉を連結させなくてはならない。

 一、夢を見ることを恐れてはならない。「効率」や「便宜」という名前を持つ災厄の犬たちに追い付かせてはならない。われわれは力強い足取りで前に進んでいく「非現実的な夢想家」でなくてはならない。

******


この最後の一文が一番好きだ。




自分の夢想を叩きのめされ、めちゃくちゃに破壊されるところから何度も立ち直る、そういう生き方をあたしはずっとしてきた。子どもの頃からずっと。芸術家ならば誰しも経験済みの、果てしなく盛大な非現実的な夢想を抱かずして、芸術家は生きられようか。

春樹氏は今それを、芸術家でない人々にまでそれを呼びかけている。
わたしも自分が絵描きとして社会に自分の作品を発表する時にはいつもそうしていた。
でも、春樹氏とあたしとでは全く影響力が違うのは当然。
春樹氏の本を,一体今まで何万人が読んできただろうか。
世界的な賞までもらう人の作品だ。
大江健三郎とは違った影響力を持つ人だ。


あなた、村上春樹の本を読んだことあるでしょう?
もしファンならば、彼の言葉に耳を貸すでしょう?
あたしが言うよりもずっと。



ジョン・レノンのイマジンの歌詞にもあるでしょう、人はぼくを夢想家と言うだろう、けれどそれはぼくだけじゃないと、その言葉にあたしはいつも励まされ、また今こうして、世界に向かって言葉を放った人に感謝している。

恥をかかない生き方こそ,日本人の美徳と言うならば、今すぐ核に依存する事をやめるべきだ。

皆が被害者であり加害者でもある自明を、しっかり受け入れる良い機会になるといい。
| 考える | 15:07 | - | - | pookmark
アートの文脈
今日の産經新聞の記事より。
*********

「 今回の騒動は、壁画の右下のパネルが空いている部分に、福島第1原発を描いたベニヤ板がはめ込まれたというもの。壊れた4つの原発建屋が、太郎のタッチをまねて描かれている。

 「みなさんはいたずらとおっしゃるけれど、スプレーを作品に吹き付けたり傷つけたりしたわけではない。『明日の神話』は後世に残すべき作品だと敬意を払ったやり方をしている。ゲリラ的な瞬間芸として、明らかにアートの文脈で行われた行為です。ただ、作品としては斬新さも感じないし、ほめるつもりもありませんが」

 平野さんは苦笑しつつ、岡本太郎が「行動の対象」になったのは理解しやすい、と語る。

 「やったのはおそらく若い人でしょうが、彼らがいま、日本の置かれた状況や不安感、そういうものをモチーフにして、表現をしたいと思うのは当然。それをぶつける舞台として太郎が選ばれた。未来を考えるときに参照されるアーティストだということでしょう」

**********



やったのは広島の不快を買った人達のようだけど。
さもしいわね。
60年代のテクストを今更やられたって。アートの文脈という発想が今だに受け入れられないあたし。
アナログでアンティークな方法は、ただのPaintingだけでいいんじゃないか。
なにも太郎の絵にくっつけることないのに。


**********

そもそも思想的な絵画などはすでに遺物なのだろう。
もう、思想的な文化という有機的な存在は70年代で終わってしまった。
電子媒体の台頭とともに葬ってしまった。

70年代が花の色で埋められたのは、それ以前への文化への供花だったのだね。
あれより今まで、どれだけ有機物から離れた文化を生み出してきたのろうか。

有機物とは、人間だ、温かく、食べたものの匂いがする。
あるいは、パイプオルガンが空気によって奏でる音、地面に降り積もる散り行く薔薇の花びら、誰かが遺していったフィンガープリント。


************



自分らしさというものを見失ってからどれだけ経つだろう。
そもそもの自分らしさってのもあやしいもんだけど。
あたしたちは何億もの記憶を細胞に秘めて繰り返し生まれては消える光の粒のようなものだ。

明日もあたしは描けるだろうか。



| 考える | 21:45 | - | - | pookmark